SRD

2016年9月15日(木)
いのしし神社とおりがみ神社

こんにちは。

京都御所の西側に「護王神社」があります。
平安京の建都に貢献された和気清麻呂公(わけのきよまろこう)を
お祀りしてあります。
足腰守護のご利益があり、参拝者は足腰の病気やケガの
早期回復や健康をご祈願されるので、
スポーツ選手も多く参拝されています。
奈良時代に和気清麻呂公が京から宇佐八幡宮に向かう際に
300頭もの猪が現れて清麻呂公を護ったという伝説から
狛犬ではなく狛猪が建てられているそうです。

-----------------------

pic1

写真(護王神社鳥居)

-----------------------



最初に目につくのは鳥居の横にいる狛猪です。
境内に入ると至る所に様々な猪がいます。
全国から奉納された猪が展示されている
「猪コレクション」もあり、
たくさんの置物や色紙が並んでいました。

-----------------------

pic2 pic3

写真(拝殿)

-----------------------



「霊猪手水舎」には水の出てくる猪像があり、
鼻をなでると幸せが訪れると言われています!
私は忘れてしまいましたが・・。


次に訪れたのは、働く女性の守り神「折上稲荷神社」です。
折上稲荷神社境内の稲荷塚(京都市史跡)は
約1500年前のもので稲荷神の前身、
祖先神(田の神)がお祀りされていた聖地です。
伏見稲荷と共に最古の稲荷神と言われているそうです。

稲荷塚ご利益めぐりをして来ました。

-----------------------

pic4

写真(稲荷塚鳥居)

-----------------------



「三九郎稲荷神社」には人間が生きる上での三大苦労(人間関係・健康・お金)を
除いてくださる神様がいらっしゃいます。
お参りをしようと階段を上ろうとしたときに、
蝉の抜け殻があり、小学生の頃を思い出し懐かしい気持ちになりました。

-----------------------

pic5 pic6

写真(三九郎稲荷神社)

-----------------------



「ひょうたん大神」は、女性の出世・玉の輿・良縁にご利益があります。
日本女性を世界的に高めた「モルガンお雪さん」が
熱心に参拝した神様です。
「モルガンお雪さん」とは、京都生まれの祇園の芸妓さんで
米国屈指の大財閥モルガン氏の甥と結婚された方だそうですよ。

-----------------------

pic7

写真(ひょうたん大神)

-----------------------



稲荷塚には、女性が幸せになるご利益があると言われている「腰掛け石」や
古くより株・宝くじ・賭け事祈願の信仰が厚い神様、
「寶(たから)大神」など数多くありました。

また、この神社には「稲荷きつね折り上げお守り」があり、
その中でも「稲荷祭のおきつねさん」は
6月の稲荷祭2日間のみ授与と貴重なお守りです。
(働く女性の商売繁盛・家内安全)

-----------------------

pic8

写真(お守り)

-----------------------

 

【文・写真:玉城】

line pagetop