SRD

2015年3月30日(月)
観梅で季節の移り変わりを感じる

こんにちは。小林です。

今回は「梅の花」についてご紹介します。

梅の花が咲くと冬の終わりを感じ、
ふんわりと甘く爽やかな香りは春の訪れを感じさせてくれます。

平安時代初期までは、春の花と言えば桜より梅の方が広く認知され、
貴族の花見も「観梅」が主流でした。
観梅は過去と現在を繋ぐ大切な伝統行事です。

古都である京都には梅の名所が数多くあります。
京都きっての梅の名所といえば、
「北野天満宮」です。
梅の花を愛した菅原道真をおまつりした神社で、
約1,500本の梅の木が植えられています。


-----------------------

pic1

写真(北野天満宮 牡丹梅)

-----------------------


その他にも、京都御所や二条城、下鴨神社などが有名です。

今回の取材では広く知れ渡っている名所より
新たなスポット「梅小路公園の梅の花」をご紹介したいと思います。

広々とした芝生広場がある梅小路公園は
京都市民の憩いの場として1995年から長く愛されています。

芝生広場の東南側に「梅こみち」と名付けられた梅林があります。
梅の花は2月下旬から咲き始めます。

梅の花が咲き始めるとカップルや親子連れで賑わいます。
床几が用意されているため、梅の花の下で食事をしたり、休憩したり、
それぞれの時間を楽しんでいました。


-----------------------

pic2 pic3 pic4

写真(梅小路公園 梅こみち)

-----------------------


まだ蕾の花もありました。
ぷっくりとした蕾もかわいいですね。


-----------------------

pic5

写真(梅小路公園 梅こみち)

-----------------------


観梅を楽しめる時期は、菜の花も見頃を迎える時です。

菜の花はおひたしにすると美味しいんだよなぁ・・・と、
ついつい食べ物のことばかり考えてしまいますが、
今回ご紹介するのは、観賞するための菜の花です。


-----------------------

pic6

写真(梅小路公園 菜の花)

-----------------------


芝生広場の一角で、太陽に照らされた菜の花はより鮮やかに輝きます。

梅小路公園は会社からも近く、四季を身近に感じられるお気に入りスポットです。
京都に住んでいると自分だけのお気に入りを見つけられます。
私の場合、神社だと下鴨神社、寺院だと東福寺などがあります。
お気に入り探しのための京都散策も楽しいかもしれませんね。


【文章・写真撮影:小林】

line pagetop