SRD

2015年11月2日(月)
将軍塚 ガラスの茶室へ

こんにちは。小林です。

朝夕冷え込むようになり、日一日と秋が深まってきましたね。
木々の葉が見事に色づく頃にオススメしたい、
京都の新しいスポットをご紹介します。

昨年の10月、将軍塚に大舞台(青龍殿)が建立されました。
京都の大舞台といえば、清水寺が真っ先に思いかびますが、
将軍塚の大舞台は、清水寺の4.6倍の大きさがあります。
東山山頂にある大舞台からは、京都市内のみならず、大阪近郊までを一望できる
圧倒的なスケールの大パノラマが満喫できます。

-----------------------

 pic1  pic2  pic3

写真(将軍塚 大舞台)

-----------------------

大舞台にある『ガラスの茶室』が
京都の景色に溶け込み、より一層美しさをひき立ててくれます。

-----------------------

 pic4  pic5

写真(将軍塚 ガラスの茶室)

-----------------------

『ガラスの茶室』は吉岡徳仁(デザイナー)の構想から5年の時を経て、
2015年4月に実現しました。
吉岡徳仁の有名な作品であるWater Blockは
ベンチとして展示されています。
茶室の中には入れませんが、Water Blockは実際に座ることが出来ます。

-----------------------

 pic6

写真(将軍塚 Water Block)

-----------------------

大舞台から道なりに進むと、将軍塚があります。
この塚は、国家の大事があると鳴動したという伝説をもつ場所です。

-----------------------

 pic7

写真(将軍塚)

-----------------------

将軍塚に続く庭園には、桜や紅葉が植えられ、
春と秋で名所のひとつになっています。
私が訪れた時は、紅葉には少し早かったため、赤く染まるもみじではなく、
落ちついた緑色のもみじで庭園内の散策を楽しむことができました。
庭園は、2015年10月30日(金)から12月6日(日)までライトアップが行われます。
夜景の名所として知られる将軍塚でのライトアップは、
幽玄な世界の庭園と、美しく輝く京都市内のどちらも一望することができます。

-----------------------

 pic8  pic9  pic10

写真(将軍塚 庭園)

-----------------------

蹴上駅から将軍塚までタクシーで5分程で着きます。
タクシーの利用が便利です。
また、土日祭日の場合は 循環バス が運行しているため、バスもご利用ください。
『ガラスの茶室』は、2016年3月まで開催していますので、
紅葉の時期に京都市内を一望しに出掛けてみませんか。


【文章・写真撮影:小林】

line pagetop