UIデザイナー

  1. 職種紹介
  2. UIデザイナー

心地よいユーザー体験を作り出す

UIとは「ユーザー・インターフェース」の略で、インターフェースとは「接点/境界面」を意味し、ゲームにおいてUIは、ユーザーがゲームと直接触れたり情報をやり取りするところとなります。

UIデザイナーは、タイトル画面、ボタン、体力ゲージ、地図などといったUIをユーザーに直感的に伝わるようにデザインしていきます。

UIの表示には、コンピュータグラフィックス、アニメーションによる演出など様々な方法がありますが、読みにくい文字や押しにくいボタン、整理されていない画面ではユーザーが思い通りに操作をできず、ゲームを楽しむ妨げとなってしまいます。

このようにUIには、全てのユーザーが迷わず遊べる快適さや明快さがとても大切な要素の一つです。また、UIはほぼ全ての画面に表示されています。
ゲームの世界観に合ったデザインにする為に全体の仕様を把握し、操作方法やデザインのテイストなど様々な観点からゲーム全体の統一を意識することがUIデザイナーには求められます。その為にもプランナー、プログラマーとの共同作業や、お互いを理解し合うコミュニケーション能力が必要になります。

平面デザイン、アニメーションなど多岐にわたる技術が必要ですが、ユーザーが心から楽しめるように「わかりやすい」「使いやすい」「魅力的な」UIデザインを目指し研鑽を積んでいます。