ゲームプログラマ

  1. 職種紹介
  2. ゲームプログラマ

ゲームプログラマの仕事

一言でゲームといっても、その中に含まれる要素は様々で、キャラクターの動きや表示、選択画面などのUI(ユーザーインターフェース)、更にはそれらの基盤となるシステムが必要です。

プランナー、デザイナーの方々の意図を汲み取り、高品質に纏め、実現することがゲームプログラマの醍醐味です。
また開発環境サポートもプログラマの重要な仕事の一つです。コストが掛かっている箇所や、人的ミスが起こりやすい場面に目を配り、必要なツールや環境を検討、作成します。

ゲーム自体として見える仕事ではありませんが、プロジェクトを支える大切な仕事です。

ゲームを作る楽しさ

決められたことをその通りに実装するだけのゲームプログラマは、ほとんどいません。

仕様に基づき、それを実現させるための手段、技術などを全て考え、実行し、その上でプログラマ独自の視点を持って、更に製品がおもしろくなるような提案を加える、そんな技術者達が一丸となってゲームを作るのです。

今、まだこの世に存在しないおもしろいゲームを作り、そのゲームをユーザーの皆様に遊んで頂き、反響の声を聞く。
それがプログラマとして、大いなるやりがいを生み出します。